妊娠中の下剤は流産の原因に?

妊娠中に便秘に悩まされ、下剤を飲んでいる方はどれくらいいるのでしょうか?

下剤とは、ご存知のとおり便を排出させるために飲む『くだしぐすり』のこと。

くだしぐすりといわれているだけあり、お腹をくだすのが特徴で、なかには下剤で腹痛を訴える方もいます。

即効性があるためすぐに便秘は解消されますが、その分リスクも大きくなります。特に妊娠中は下剤には十分気をつけなければいけません。

そもそも、妊娠中の便秘はお腹で赤ちゃんが成長している証拠。ですから、普通の便秘とは理由が異なります。

それを、下剤を使って便を排出しようとするとどうなるでしょうか?

下剤の繰り返し使用は流産になる?

一番怖いのが、下剤による流産の危険性です。実際に、妊娠中の便秘に下剤を飲み続けて流産したケースがあります。

下剤は便秘が解消されると同時に、胎児に悪影響を及ぼすもの。

赤ちゃんまでいなくなってしまっては大変です。便秘は辛いものですが、絶対に下剤で排便するのは避けましょう。

便秘薬を使いたいのであれば、産婦人科で処方してもらってください。

産婦人科なら、妊婦さんでも安心して服用できる便秘薬を用意してくれるので妊娠中でも飲むことができます。

間違っても自己判断で購入するのは避けてくださいね。

ちなみに、下剤が流産に繋がる原因は、子宮収縮作用が関係しています。

この作用が含まれている下剤は、特に流産の危険性があるといわれています。

また、流産はしなくても早産する可能性もあるので、妊娠中の下剤には十分気をつけましょう。

下剤を使わずに便秘を解消するには

一番良いのは、食事や運動です。食事内容を見直し、便意をもよおす食事を心がけましょう。もちろんそれだけでは栄養が偏ってしまいますから、栄養バランスも考えて食事をしましょう。

適度な運動も大切です。これらを試しても便秘が解消されない場合は、先にも述べたように産婦人科で便秘薬を処方してもらってください。

また、主治医に便秘の相談をすると、良い解決法を教えてくれますよ。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング