妊娠中の便秘で胎児は大丈夫?

妊娠中はどうしても便秘になりやすい時期。それは、ホルモンの分泌や胎児の成長によるものなので、特別気にするようなことではありませんが、お腹に便が溜まっていると気持ち悪いですよね。

そして、妊娠中の便秘で胎児に影響が出ないか、心配される方も少なくないでしょう。

胎児に影響あり?なし?

自分が便秘にあるだけなら我慢できますが、お腹の赤ちゃんに悪影響となると不安です。

でも、安心してください。妊娠中の便秘は胎児への影響はほとんどないといわれているからです。

その理由は、子宮にいる胎児はさまざまな菌から守られているからです。

ですから、たとえ母親が便秘になってしまっても、お腹の中で元気に成長していきます。

要するに、妊娠中の便秘は妊娠をしている期間のみ。生理になると便秘になり、生理が終わると便秘が終わるのと同じなのです。

もちろん、出産をした後も便秘になる方はいますから、出産をしたからといって便秘から解放されるわけではありませんが、ほとんどの場合、妊娠中の便秘は妊娠中だけになります。

また、お腹の中では便秘の影響を受けない胎児でも、産後に影響を受ける可能性は十分あります。

それは、産道を通ることで菌に触れてしまうからです。

便秘の菌は悪玉菌ですから、悪玉菌を口から取り込んでしまうと、産まれた赤ちゃんも便秘になってしまう可能性があります。

ですから、妊娠中はなるべく便秘にならないように工夫することが重要です。

胎児が菌を取り込んでしまうとどうなる?

便秘以外に、下痢やアレルギー症状を引き起こすケースもあります。

たとえば、アトピー性皮膚炎なんかは、母親が便秘で腸内環境が悪いために起こるともいわれています。

生まれてすぐの赤ちゃんがアレルギー体質の場合、大きな原因は母親の便秘が大きく関係しているでしょう。

赤ちゃんを菌から守るためには、便秘にならないようにすることが一番です。腸内環境を整えるために、オリゴ糖や乳酸菌などを積極的に取り入れるようにしましょう。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング