妊娠中期の便秘の症状と改善法

妊娠中期の便秘は、妊娠初期の便秘とは原因が異なります。もちろん腸の動きが悪くなるのも関係していますが、妊娠中期の場合もっとも大きな原因は『子宮』です。

子宮が腸を圧迫することで便秘になりやすいといわれています。

妊娠中期になると、安定期に入り悪阻もなくなってきます。

体調が回復してくるので生活しやすくなりますが、便秘は妊娠後期までつきまといます。

もちろん個人差がありますから、必ずしもすべての妊婦さんが妊娠中期で便秘になるとは断定できませんが、この時期は子宮が大きくなるので便秘の確率は高いでしょう。

便秘にならなくても、『お腹が張る』と感じるようになる方も少なくありません。

また、ホルモンの関係で眠くなりやすい方も多いため、運動不足になり便秘を招いてしまうケースも多いでしょう。

妊娠中期の便秘解消法

では、妊娠中期はどのようにして便秘を解消すれば良いのでしょうか。

お腹も目立ってきますから、妊娠初期のように気軽に体を動かすのが億劫になってきます。

とはいえ、一切運動をしないのは体に良くありません。軽いウォーキング程度の運動は定期的に行うようにしましょう。

食事で便秘を解消する方法は、玄米、オリゴ糖、ヨーグルトなどが効果的です。

オリーブオイルも良いですね。玄米は食物繊維が多く、しっかり噛んで食べるので食べ過ぎも防止できます。

食物繊維が豊富な野菜といっしょに摂ると、より効果を発揮してくれます。オリゴ糖やヨーグルトなどは、便秘解消の定番ですね。

おすすめの食べ方は、ヨーグルト×オリゴ糖、サラダ×オリーブオイルです。飲み物では、白湯やルイボスティーが便秘解消に良いといわれています。

薬を服用しても良いのか?

食事や運動ではなかなか便秘が解消されないという方は、便秘薬という手もあります。

しかし、妊娠中に市販の便秘薬はあまり良くないといわれていますから、必ず産婦人科で処方された薬を服用するようにしましょう。

もちろん、規則正しい食事や運動は健康に欠かせませんから、続けてくださいね。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング