妊娠中の時期によって便秘の症状が違う?

妊娠の便秘は、初期と後期では症状が異なるといわれています。ですから、便秘を解消するには妊娠の時期を知ることも重要になります。

妊娠中でもっとも便秘になりやすいのは、妊娠初期。この時期は妊娠して数週間しか経っていないため、まだ体が慣れずストレスが溜まりやすいといわれています。

また、悪阻もありますから、体調不良で便秘になりやすいでしょう。妊娠後期になるとあとは出産を待つだけなので、ある程度体も慣れてきます。

しかし、先にも述べたように初期と後期では便秘の症状が異なるため、安心はできません。

きちんと対処法を知って、出産に向けて健康的な生活を送りましょう。

妊娠初期の便秘の原因

妊娠初期は、ホルモンバランスの変化や睡眠不足や悪阻など、生活習慣が変わることで起こります。

体が今までの生活リズムと変わってしまうため、思うように排便ができなくなってしまいます。

この時期のホルモンは、黄体ホルモの分泌が活発になります。

黄体ホルモンには腸の動きを鈍くさせる作用があるため、今までスムーズに排便ができていた方でも、妊娠と同時に便秘になってしまうのはこのため。

分かりやすくいえば、生理前の症状と似ていますね。ホルモンのバランスを整えるために、イソフラボンを豊富に含む食材を取り入れましょう。

悪阻は、食べ悪阻と吐きづわりなどいくつかの種類に分けられます。

妊娠初期ははじめての悪阻でとても苦しく、思うように食事ができなくなってしまいます。

食欲があっても食べられないため、便の量も激減します。

悪阻は自然と治まってきますが、その間何も食べないのは良くありません。

気持ち悪くならない食べ物を選び、しっかり食事をするように心がけましょう。

妊娠後期の便秘の原因

妊娠後期になるとお腹も大きくなり、あとは出産を待つだけ。

この時期も変わらず便秘はありますが、初期の頃と違うのは運動不足による便秘や腸の圧迫、鉄剤の副作用などが原因で起こること。

すべてを避けるのは難しいですが、運動不足の方はできるだけウォーキングをしたり、鉄剤を控えて鉄分が豊富な食事を取り入れたり、水分補給をしたり、健康的な生活習慣を維持しましょう。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング