臨月で便秘が悪化する原因とは

便秘がもっともひどいといわれているのが『臨月』です。もちろん個人差があるため、臨月でも便秘にならない方もいますが、基本的にこの時期は便秘で悩まされる妊婦さんが多いといわれています。

その数、7割以上。これだけ多くの方が妊娠中の便秘に悩まれていますから、妊娠=便秘はつきものといって良いでしょう。

臨月になると便秘がピークになる理由

理由は3つあります。1つは赤ちゃんが大きくなることで腸が圧迫されるからです。

胎児の成長とともに子宮もどんどん大きくなります。すると、腸は圧迫されお腹が張ったように感じます。

しかしこれは赤ちゃんが元気にスクスク育っている証拠。便秘は辛いですが、反面喜ばしいことなのです。

2つは、ホルモン分泌が過剰になっているため。女性は、妊娠中や生理のときにホルモンバランスの影響で便秘になりやすいといわれています。

ホルモンは子宮の動きや胎児へ必要な栄養をコントロールする働きがあり、その働きが妊娠や生理で怠ってしまうため、便秘になってしまいます。

また、ホルモンは腸内の水分を吸収する働きもあるため、水分が不足し便秘になってしまうんですね。3つは、悪阻による食生活の偏りです。

悪阻は妊娠初期に多いといいますが、中期~後期でも悪阻はあります。少食になっても、必要な栄養素は摂るよう食事内容を工夫しましょう。

臨月に便秘を解消することはできる?

十分可能です。もちろん、下剤を使うといったリスクの大きい方法ではありません。

規則正しい生活をしながら臨月でも便秘を解消する方法ですので、母胎にも影響はありません。

おすすめは、オリゴ糖や豆乳です。オリゴ糖は1日5gを目安に摂りましょう。

毎日欠かさず摂ることで、悩んでいた便秘もすっかり良くなります。

個人差はありますが、4日で便秘が解消した方もいるほど。

豆乳はホルモンのバランスを整えてくれるので、妊娠中には最適です。

むしろ女性なら積極的に摂りたいですね。ただし、オリゴ糖や豆乳ばかり摂るのはNGです。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング