妊娠中の便秘で腹痛を感じたら

妊婦さんにとって妊娠中の悩みといえば『便秘』です。

もちろん便秘以外の悩みもありますが、約9割の方が妊娠中に便秘に悩まされているといいますから、いかにして妊婦さんと便秘が深く繋がっているかが分かります。

そして、妊娠中の便秘は腹痛がひどいともいわれています。

妊娠をしていなくても、便秘を繰り返すと腹痛をもよおしますが、一般的に便秘で腹痛になるケースは少ないでしょう。

しかし、妊娠すると便秘になるたびにお腹が痛くなってしまいます。

便秘でなくても、便意があるときも痛みを生じ、排便をした後も痛くなる場合があるといわれています。

なぜ妊娠中の便秘はお腹が痛くなる?

原因は、便が硬くなっていること。そして、腸が圧迫されていることです。

妊娠中は便秘を繰り返しますから、どうしても便が硬くなりやすいといわれています。

硬くなってしまった便は、排便時にいきまなければスムーズに便が出てくれません。

これを繰り返すとお腹が痛くなりますし、排便時にも腹痛を感じるようになります。

便が硬くなる原因は、黄体ホルモンにあります。このホルモンの分泌が増えると、子宮内の水分がどんどん吸収されてしまいます。

よって、腸内が水分不足になり便が硬くなってしまうのです。

ですから、積極的に水分を摂り、腸内に溜まった便を柔らかくしてあげることが便を硬くしないポイントになります。

腸の圧迫は、胎児が成長するとともに子宮が大きくなるため。

子宮が大きくなると骨盤も下がってきますから、大腸も下がり便秘になります。

差はありますが、お腹が痛くなる方もいます。

水分補給を心がける

一番良い方法は水分補給です。もちろん、ただ水分を摂るだけではありません。

普段より1.5倍の水分を摂る必要があります。こまめに水分補給をすることで腸内の水分も保たれ、便が硬くなる心配もありません。

また、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスを整えるために、1日1杯の豆乳もおすすめです。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング