不溶性食物繊維による便秘への効果

不溶性食物繊維とは、水に溶けにくく腸内の水分を吸収して膨らみ、便意をもよおします。

そのため、腸内に水分が十分にあることが条件になり、水分が足らない腸内には逆効果だといわれています。

ですから、妊婦さんで便意はあるものの便の回数が少ない方は、不溶性食物繊維が良いでしょう。

不溶性食物繊維を摂ると、お腹の中で便の量を増やしますから、しっかり外へ便を排出することができるようになります。

妊婦さん以外の方でしたら、お腹があまり動かない方や加齢による便秘で悩んでいる方におすすめです。

妊娠中に不溶性食物繊維を過剰摂取してはいけいない?

便の状態によって、不溶性食物繊維摂るべきか決まってきますが、不溶性食物繊維は水に溶けにくいため、たとえ不溶性食物繊維のほうが便秘解消に良いという体質でも、過剰摂取は良くないといわれています。

不溶性食物繊維ばかり摂り続けた便は、コロコロとした硬い便が出ます。

妊娠後期はいきむことで破水の恐れがありますから、硬い便は良くありません。

ですから、不溶性食物繊維は妊娠の時期を見ながら摂り、水溶性食物繊維とバランス良く摂ると良いでしょう。

ちなみに、貧血がある便秘の場合は、不溶性食物繊維はおすすめできません。

もし不溶性食物繊維を摂る場合は、たっぷりの水分を一緒に補給するようにしてくださいね。

代表的な不溶性食物繊維とは

不溶性食物繊維といえば、イモ類が代表的ですね。じゃがいもやさつまいもなど、確かに便秘に良いといわれている食材です。その他穀類や豆類、エビの表皮なども不溶性食物繊維になります。

不溶性食物繊維も栄養価が高いので、一切摂ってはいけないというわけではありません。

妊娠中の便秘は、後期になるほど不溶性食物繊維よりも水溶性食物繊維のほうが良いといわれています。

便の状態や体質と相談しながら、バランス良く食物繊維を摂るようにしましょう。

おすすめの不溶性食物繊維の摂り方は、『よく噛んで食べる』『水溶性食物繊維と一緒に摂る』『水分をしっかり摂る』などです。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング