便秘にならない食事を学ぼう

妊娠中は便秘になる方が多いため、仕方がありません。しかし、仕方がないからといってそのままにしておくと体調不良を訴えるようになり、体に良くありません。

『便秘になるもの』と受け入れることは大事ですが、便秘を改善させることがもっとも重要になります。

とはいえ、妊娠中は無理はできません。妊娠をしていない人のように便秘薬を飲んだり、激しい運動をしたり、いきんだり、自己判断のマッサージをするということができませんから、むやみに便秘を解消するのは良くありません。

もっとも効果的な便秘解消法は、食事と運動です。定番の便秘解消法ですが、妊娠中でも効果があります。

しかし、運動といっても前途のように激しい運動はNGです。

軽いウォーキングがおすすめですね。最近はマタニティエクササイズといって、妊婦さんにあったエクササイズもあります。

食事は、食物繊維や乳酸菌などが効果的です。

便秘にならない食事とは?

食物繊維や乳酸菌が便秘解消に良いとはいっても、それだけを食べれば良いというわけではありません。

ひと口に食物繊維や乳酸菌といってもさまざまです。数ある食材の中から妊娠中に良い食材を摂るのが大切ですから、バランスを考えて摂るようにしましょう。

食物繊維には、『水に溶けるもの』『水に溶けにくいもの』の2種類に分けられます。

水に溶けにくい食物繊維は、穀物類やイモ類などの不溶性食物繊維。水に溶けにくいわけですから、たくさん摂るとお腹が張りやすくなってしまいます。

よくイモ類を食べるとガスが出やすくなるというのはそのため。ですから、ただイモ類や穀物類を食べるのではなく、水分補給をしながらいろんな食材を摂るように心がけましょう。

一方で乳酸菌は、ヨーグルトが代表的です。善玉菌を増やし悪玉菌を殺す効果がありますが、こちらもヨーグルトだけ食べるのはNGです。

便秘解消には食事のバランスが第一になりますので、食物繊維だけ、ヨーグルトだけでは残念ながら便秘は解消されません。

食物繊維が多い食材とは?

玄米やじゃがいも、さつまいもや大豆、バナナやりんごなどが挙げられます。きのこ類も食物繊維が豊富です。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング