ルイボスティーが便秘解消に良いってホント?

ルイボスティーが妊娠中の便秘を解消するのに役立つといわれています。

ルイボスティーは、その名のとおりお茶の一種。『赤い茂み』という意味を持ち、主にアフリカで採取されています。

ルイボスの葉にはキレイな黄色い花が咲きますが、お茶として飲む場合、乾燥させて使用します。

日本でも、『ダイエット茶』として女性に人気がありますが、このルイボスティーが妊娠中の便秘にも効果があるといわれています。

また、ルイボスティーの嬉しいところは、便秘を解消するだけでなく、『ノンカフェイン』ということ。

妊娠中は、紅茶やコーヒーといったカフェインはNGとされています。

しかしルイボスティーはノンカフェインなので、いくら飲んでも胎児に影響を与えません。

しかも風味は紅茶に似ていますから、デザート感覚で飲めるのも良いですね。

ルイボスティーの正しい飲み方

最近はお店でルイボスティーを見かけることが増えましたが、ペットボトルに入ったものより、やはり自分で作ったほうが高い効果が期待できます。

1リットルに1包のルイボスティーのパックを入れます。ルイボスティーのパックを入れた容器に、お湯を1リットル注ぎます。

そのまま2~3分蒸らしたら飲みます。ルイボスティーは水出しでも作れますが、この場合8時間は置いておきましょう。

夏場は冷蔵庫に保管しておくこともできます。妊婦さんはできるだけ温かいものを。冷たい飲み物は体を冷やすので、避けてくださいね。

赤ちゃんにも飲ませることができる

ルイボスティーは、なんと赤ちゃんでも飲める優しい飲み物です。

便秘を解消するだけでなく、体内の老廃物を排出するデトックス効果もありますから、小さいうちから飲ませておくと、免疫力がつき健康な子供に育ちます。

妊娠中は、便秘を解消するだけでなく腸内環境をキレイにすることも大切ですから、デトックス効果のあるルイボスティーは最適。また酵素もたっぷり含まれているので、体の内側からキレイになれるのを実感できるでしょう。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング