妊娠中の便秘に可能な運動方法

妊娠中の便秘は、食事だけでなく運動も重要になります。『妊娠中に運動をしても良いの?』と思うかもしれませんが、運動といっても激しい運動ではありません。

あくまで妊婦さんにあった軽い運動です。適度な運動は体にも良いですし、腸の動きも活発にしてくれます。

妊娠後期になるとどうしても思うように体が動きませんが、横になるだけでは便秘になってしまいます。

無理のないように体を動かすように意識しましょう。

妊娠中にできる運動とは

ひと口に運動といってもさまざまです。激しい運動もあれば緩やかな運動もあり、疲労も運動内容によって異なります。

妊娠中に限らず、健康に良いといわれている運動は、激しい運動よりも緩やかな軽い運動だといわれています。

たとえば、ウォーキングですね。有酸素運動の代表ですが、運動が苦手な人でも手軽に体を動かすことができるので、妊娠中には最適です。

ウォーキング以外でしたら、スイミングやヨガ、エアロビクスなども妊娠中にできる運動です。

最近はマタニティエクササイズといって、妊婦さんのためのエクササイズ教室を開いている方もおり、積極的に運動をされる妊婦さんが増えました。

運動をするうえで注意したい点

とはいえ、張り切って運動をして体調を崩してしまっては大変です。

ウォーキングなら比較的安心ですが、スイミングやヨガなどは医師の許可がない限り自己判断で進めるのは避けたほうが良いでしょう。

また、体調が優れないときの運動もNGです。『運動をしなければ』ではなく、『運動をしたい』『気分転換したい』という気持ちも大切ですから、無理のないように体を動かしましょう。

気持ち良く運動をすれば、ストレスも溜まりませんし便秘解消にもなり良いこと尽くしです。

マタニティウォーキングのやり方は、『始める前にストレッチ』『歩きやすい靴(スポーツシューズなど)を履く』『両手に物は持たない』『ゆったりペースで』『正しい姿勢で』。

通常のウォーキングと変わりませんが、妊娠中は特に意識しましょう。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング