骨盤矯正で妊娠中の辛い便秘を改善

妊娠中の便秘にはさまざまな原因があります。そのひとつが、『骨盤の歪み』です。

妊娠をすると、胎児の成長とともにどんどん子宮が大きくなってきます。

そして、骨盤も大きく動きます。そのため、近年では妊娠が発覚したら骨盤ケアをはじめると良いといわれています。

その結果、ひと昔前の妊婦さんに比べると、骨盤の歪みが軽減している女性が増えてきました。骨盤ケアのグッズも売っていますから、手軽にはじめられるのも嬉しいですね。

骨盤の歪みが改善されると、自然と便秘は解消されます。もちろん、妊娠中の便秘の原因は骨盤の歪み以外にもありますから、断定はできません。

それでも骨盤ケアをしているのとしていないのとでは体調も大きく異なりますから、妊娠が発覚した時点で骨盤ケアをはじめるようにしましょう。

妊娠中にできる骨盤ケアの方法

骨盤ケアは手軽にできますが、正しいやり方で行わなければいけません。

そのため、自己流で骨盤矯正をするとかえって骨盤の歪みが悪化してしまう恐れがあります。

ですから、はじめて骨盤矯正をされる方は慎重に行うか、プロの方のもと、指導を受けてから行いましょう。

最近は骨盤矯正用のベルトも多数販売していますから、自分にあったものを選んでください。

おすすめのベルトは、骨盤の前後を支えるもの。妊娠中の骨盤の歪みだけでなく、産後の骨盤間のゆ歪みも回復させる効果が期待できます。

ベルトは、必ず『骨盤高位』でつけること。そして、正しい姿勢で矯正の体操を行いましょう。

骨盤矯正のやり方とは

ひと口に骨盤矯正といってもいろんなやり方がありますが、ベルトを使用した場合、ベルトを装着した時点で骨盤ケアができているので簡単です。

ベルトを使わずに骨盤矯正をする場合、椅子や床に座るときに3つ折りにしたタオルを尾てい骨あたりに敷いて座ります。

妊婦さんは座る時間が長いので、この方法で座れば骨盤が歪まずに済みます。

骨盤の歪みが解消されると、何もしなくても便意をもよおすようになります。

骨盤の歪みはいろんな体の不調を訴えますから、矯正されると便秘だけでなく体調不良も改善されるでしょう。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング