ホルモンバランスを整えて便秘を解消

妊娠で便秘になる理由のひとつに、『ホルモンバランス』が関係しています。妊娠をすると、妊娠前とはまったく違い変化があります。

その変化は、妊娠している本人も実感するほど。女性は、月経前になるとホルモンバランスが変化するので、ホルモンの変化にはあまり動じません。

しかし、便秘になったことがない人が妊娠で便秘になってしまうなど、月経前のホルモン変化とは異なる症状を感じるようになるのが妊娠です。

ですから、妊娠中の便秘解消には、ホルモンバランスを整えることも重要だといわれています。

ホルモンバランスの整え方

では、どのようにしてホルモンバランスを整えることができるのでしょうか?まず、体に良い食事を心がけましょう。

食生活が変わると、デトックスといって体内の老廃物が排出されます。

体の中がキレイになるということは、腸内環境も整うということ。

脂っこいものばかり食べた生活はホルモンバランスを乱しイライラや攻撃的な性格になりやすいといわれています。

ですから、食生活を変えるところからはじめてみましょう。野菜や果物、魚類など、食物繊維や乳酸菌を意識して摂るようにすると、便秘も解消されスッキリします。

そして、ホルモンバランスといえばイソフラボンです。豆乳は女性ホルモンと似た働きがあるので、妊娠中もおすすめです。ただし摂りすぎはNG。

人によって逆効果の場合もありますから、体調や体質と相談しながら摂るようにしましょう。

食べ物以外では、運動もホルモンに良いといわれています。

妊娠中は適度な運動も便秘解消に繋がるといわれていますから、積極的に体を動かしホルモンバランスを整え便秘も改善させましょう。

便秘の症状は人それぞれ

妊娠中の便秘は、必ずしも妊娠発覚と同時に起こるわけではありません。

なかには、妊娠中期に入ってようやく便秘を実感される方もいます。

個人差がありますが、ほとんどの方が妊娠中の便秘に悩んでいますから、早めの対策が功を奏します。

また、妊娠超初期の段階からホルモンバランスを意識した生活を送るように心がけましょう。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング