妊娠中の便秘に悩まされない方法

妊娠中は、ホルモンの分泌や腸の圧迫で、どうしても便秘になりやすいといわれています。

しかし。仕方がないとはいえ、便秘を放っておくとどんどん悪化し吐き気や嘔吐といった症状が出るようになってしまいます。

また、妊娠中はいきむと破水する可能性もありますから、早期対処で緩やかに改善していきたいですね。

そのためには、便秘にならない生活を送ることが重要になります。

水分補給を心がける

そのためには、たっぷりの水分を摂りましょう。1日1.5~2リットルは飲みたいところ。

もちろん、水またはカフェインに入っていないお茶を選びましょう。

悪阻で水を飲むと気持ち悪くなるという方は、スープでも可能です。

野菜をたっぷり入れると、野菜から出る水分でも水分補給ができますから、悪阻が治まるまでは工夫しながら水分を補給してくださいね。

水分を摂ると、便が軟らかくなるので、排便しやすくなります。

また、腸内に溜まった宿便を外へ排出しやすくしてくれるので、頑固な便秘もスルッと解消されます。

効果は個人差があるため、水やお茶を飲んですぐに便意をもよおすわけではありませんが、早めに飲むことで便が硬くならずに済むので、比較的早い段階で便秘が解消されるでしょう。

硬くなってしまった便は頑固ですから、やはり便秘にならないためには、普段からしっかり水分を摂ることが大切です。

ホルモンバランスを整える

妊娠中の便秘はホルモンバランスも大きく関係していますから、ホルモンバランスを整えてあげると便秘が軽減されます。

ホルモンの働きを整えるためには、やはり女性ホルモンに似たイソフラボンを摂ること。豆乳は手軽にイソフラボンが摂れるのでおすすめです。

ストレスを溜めずリラックスするのも必要ですが、妊娠中は気持ちが不安定になりやすいので、そう簡単にはいきません。

それでも、なるべくは心を安定させ、リラックスできる環境作りを心がけましょう。

好きな音楽を聴く、心地良い香りを焚く、適度な運動をする。自分にあったリラックス法を見つけて妊娠ライフを楽しみましょう。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング