妊娠後期におすすめなリラックス法

妊娠後期の便秘解消は、食事や運動よりも心身を落ち着かせリラックスすることが一番だといわれています。

妊娠中はホルモンバランスの影響でどうしてもイライラしやすくストレスが溜まりやすくなりますが、過度のストレスは流産や早産の原因になり、妊婦さんに良くありません。また、ストレスは便秘にも繋がります。

とはいえ、どのような方法でリラックスをしたら良いのでしょうか?

妊婦さんにおすすめのリラックス法は、アロマセラピー、呼吸法、視覚法、ストレッチなど。アロマセラピーで使用する精油には、イライラを抑えたり、消化器官を整えたり、便秘を改善したり、妊娠中に最適な効果があります。

ただしローズマリーのように子宮収縮作用のある精油もあるので、使用する精油選びは大事。

妊娠中に使用したい精油とは

おすすめの精油は、ラベンダーやスイートオレンジ、イランイラン、マンダリンなど。リラックスしやすいお風呂に最大4滴まで垂らし、ゆっくり浸かります。

香りで心身が癒されスッキリします。お風呂以外にも、ハーブキャンディーなども効果的です。

ひとつ舐めるだけで、イライラが治まります。他にも、ミネラルウォーターにレモンやライムをカットし手入れるのも良いでしょう。

眠れないときにベッドサイドにアロマを焚いておくと、安心して眠ることができます。リラックスした体は、妊娠後期の便秘にも役立ちます。

妊娠中におすすめの呼吸法と視覚法

呼吸法や視覚法を覚えておくと、妊娠中はもちろんのこと、出産後のストレス解消にも役立ちます。

やり方は、ソファやベッドにゆったり横になり、少し深呼吸をします。

意識を集中し、美しい風景や花など、落ち着くものや場所をイメージしましょう。

想像した場所で、心を落ち着かせ呼吸を整えます。これだけで、心身が落ち着き妊娠中のイライラや、ストレスによる便秘を解消することができます。

心身がリラックスしていると、腸内環境もスムーズになりますから、妊娠中には最適です。

もちろん、この方法は妊娠初期~中期にも行えますから、ストレスを感じたら実践してみてくださいね。

妊婦におすすめの便秘解消サプリランキング